ここまでやるTOMEIKAI vol.3 | 個別指導・学習塾・予備校ならTOMEIKAI(トーマス名門会)

サイトマップ

料金について

個人別カリキュラム

講師採用

イベント・説明会

資料請求

授業料などのお問い合わせ 0120-81-3759 受付時間:10:00~22:00(月~土)

ここまでやるTOMEIKAI vol.3

合格者の点数分布から見る 確かな合格戦略

難関校ほど1点の失点が命取りになる

難易度の高い学校ほど、 「受験者平均点」「合格者最低点」「合格者平均点」にそれほど差がありません。特に最難関校の場合、受験者が合否のボーダーライン上に固まる傾向があります。つまり、たった1~2点の差によって合否が分かれる可能性が高いのです。

大学受験の模試におけるA判定などの判定基準は、最難関とされる医学部受験の場合、A判定からE判定までの少ない点数差の中にB~D判定がひしめき合うケースがあります。たとえE判定であっても、D判定まで残り何点なのかを精査する必要があります。

公表されている合格者平均偏差値は、入学者平均偏差値とは異なる!?

難関校は1点差で合否が変わる!受験生が心がけるべきこと
  • ① 志望校の合格最低点は何点なのかを意識して、過去問演習を行う。
  • ② 科目ごとの得意不得意に大きな差がある場合、不得意な科目での失点を最低限にとどめるとともに、得意科目で1点でも多く得点できるようにする。
  • ③ 試験によって点数が安定しない場合、どの科目のどの分野で失点しているかを見極め、1点でも多く得点できるようにする。
  • ④ 全正解でなくても部分点を確実に取れるように、問題演習を中心とした勉強で解答の精度を高める。

受験生がまず意識すべき数値は「合格最低点」。現状この点まで何点足りないのか、その差を埋めるには、どのような対策をすれば良いのかが重要なポイントです。トーメイカイでは、講師が合格のためには「あと何が必要なのか」を見極め、志望校に絞り込んだ対策で合格ラインへ引き上げます。

志望校合格のため、
確実な成績アップを目指すなら
完全1対1個別指導の
トーメイカイにお任せください。

お電話でのご相談も承ります。

0120-81-3759

10:00〜22:00(月〜土)

【Vol.4】完全1対1だからできる答案用紙から見た正しい勉強法

ページトップ

お問い合わせ

TOMEIKAIのサイトをご覧のみなさまへ

TOMEIKAIは、首都圏個別指導のトップブランド「TOMAS」と、難関校への実績豊富なプロ教師集団「名門会」が運営する完全1対1の進学個別指導塾です。医学部医学科をはじめ、東大・京大・早慶大、開成中・桜蔭中・灘中など最難関校合格へ向けた個別指導ノウハウを武器に、全国各地に“本物の個別指導塾”を展開し、一人ひとりの夢の志望校合格を実現していきます。

Copyright © 2017 Meimonkai co.,ltd. All Rights Reserved.