ここまでやるTOMEIKAI vol.4 | 個別指導・学習塾・予備校ならTOMEIKAI(トーマス名門会)

サイトマップ

料金について

個人別カリキュラム

講師採用

イベント・説明会

資料請求

授業料などのお問い合わせ 0120-81-3759 受付時間:10:00~22:00(月~土)

ここまでやるTOMEIKAI vol.4

プロ教師だからできる 答案用紙から見た正しい勉強法

同じ点数でも、やるべき対策が同じとは限らない

総得点が同じ80点で、両方とも間違えている箇所が同じであれば、偏差値も正答率も同じになり、集団塾などの習熟度別クラスでは同じクラスに振り分けられます。しかし「答えを記入して間違えている場合」と「時間不足で未記入のために失点した場合」では、今後の対策方法がまったく異なります。

Aの場合、自分の解答からどこで間違えたのかを見つけ出して対策を考えればよいですが、Bの場合は全体で時間のかかり過ぎた箇所を見つけ出し、試験時間内に解けるようにスピードを意識した問題演習対策を行う必要があります。Bのほうが根本的な課題の克服が求められるため、対策に時間がかかります。たとえ正解を導き出す力があったとしても、試験時間内に解答できなければ意味がないからです。

記述式テストで部分点が取れている場合は要検証

記述式テストの場合、応用発展問題(2)が完全解答できずに部分点でとどまっているケースもあります。Cの場合、基本問題(1)はどの項目も理解できているため、応用発展問題の対策が不可欠です。その際、必ず「どの部分までできていて、どの部分から間違えているか」を把握する必要があります。

同じ点数であっても、AとBのパターンと比べると方向性は間違えていないので、今後の対策次第では100点を取れる可能性は高いと言えます。

目先の偏差値だけを見てしまうと、これらの差には気づけないでしょう。トーメイカイでは、完全1対1個別指導で講師がここまで見極めることによって、生徒一人ひとりの志望校対策を可能にしています。

志望校合格のため、
確実な成績アップを目指すなら
完全1対1個別指導の
トーメイカイにお任せください。

お電話でのご相談も承ります。

0120-81-3759

10:00〜22:00(月〜土)

【Vol.5】学校・塾以外の時間を最大限に活かして志望校合格へ

ページトップ

お問い合わせ

TOMEIKAIのサイトをご覧のみなさまへ

TOMEIKAIは、首都圏個別指導のトップブランド「TOMAS」と、難関校への実績豊富なプロ教師集団「名門会」が運営する完全1対1の進学個別指導塾です。医学部医学科をはじめ、東大・京大・早慶大、開成中・桜蔭中・灘中など最難関校合格へ向けた個別指導ノウハウを武器に、全国各地に“本物の個別指導塾”を展開し、一人ひとりの夢の志望校合格を実現していきます。

Copyright © 2017 Meimonkai co.,ltd. All Rights Reserved.