科目別実力完成コース | 個別指導・学習塾・予備校ならTOMEIKAI(トーマス名門会)

サイトマップ

料金について

個人別カリキュラム

講師採用

イベント・説明会

資料請求

授業料などのお問い合わせ 0120-81-3759 受付時間:10:00~22:00(月~土)

知っていますか?受験勉強の常識

受験勉強に、「遅すぎる」はあっても「早すぎる」はない!

「早くから受験勉強を始めた方が良い」と分かっていても、受験を意識して計画的に勉強をしている生徒は意外と少ないものです。

行き当たりばったりの無計画勉強で、思うような結果が出るほど受験は甘くありません!

特に、科目間の成績格差は致命傷になりかねません!

受験勉強のサイクル
理解する 問題を解く 自力で解けるようになる 結果が出る
計画的な受験勉強
問題演習量を確保するには、
相当の勉強時間が必要
  • 小さな目標を一つひとつ確実にクリアする。
  • 理解したら必ず問題を解き、自力で解けるようにする。目的なく思いつきで問題を解くことは避ける。
  • 無謀な計画にならないように、受験学年になる前から第一志望校を早く決めて、合格から逆算したカリキュラムをベースに継続・実践する。
無計画的な受験勉強
本格的な勉強が遅れると
無謀な計画を立てがち
  • 問題演習量不足は、知識が定着しない。分かっているつもり状態では点数にならない。
  • 問題を解く習慣をつけないと、計画的な受験勉強はまずできない。(模範解答を眺めているだけでは解けるようにならない)
  • 受験勉強は長期戦!いきなり大きな目標を立てても挫折しがち。

「科目別 実力完成コース」
先着順受付中

※指導枠には限りがあります。お急ぎの方はお電話でお問い合わせください。

0120-81-3759

10:00〜22:00(月〜土)

お問い合わせフォーム

成績UPにつながる 勉強法とは?

“つまずき箇所” を少しでも早く見つけて
対策するために!
〈合格逆算カリキュラムの重要性〉

結果が出る勉強法
陥りがちな受けっぱなし勉強法
POINT

どんなに実績のある講師の授業を受けても、
「自分で問題を解く」ことをしなければ、思うような結果は絶対に出ません!

予備校や進学塾で結果が出ていない生徒の大半はこれ!

つまずき箇所は、少しでも早く見つけて対策することが重要です。

ただし、つまずき箇所の根本原因を受験生本人が見極めることは非常に困難です。

最短で実力を完成させるには、信頼できる経験豊富な講師の指導を受けましょう!

なぜ復習・解き直しが必要なの?

目標から逆算したカリキュラムは、常に記憶の定着度合いを見直し、
その都度最適化をして進めるべきです。

〈エビングハウスの忘却曲線と復習の重要性〉

※授業直後を100%とした場合
(忘れる度合いは目安)

授業を受けただけで、
終わらせてはいけない理由!
[エビングハウスの忘却曲線]

「記憶の保持率」と「時間経過」の関係をグラフで示すと上図の通りになります。

授業直後から丸1日経つと26%まで一気に急降下しますが、以降は下降曲線もなだらかになります。

このエビングハウスの忘却曲線は、無意味な単語を記憶した場合の記憶の保持率をグラフで示したものなので、受験勉強のような論理的な記憶の保持率の方が、無意味なものの記憶に比べ、忘却曲線は緩やかな下降カーブになると考えられています。

POINT

授業で習ったことや計画的に復習するタイミングは、1日後以降はほぼ同じ記憶保持率なので、「勉強した当日」または「翌日」に復習した方が復習にかける全体の時間が大幅に短縮されることが分かります。

グラフから1日後が記憶の定着のカギになることは容易に想像できます。記憶の定着を考えて復習するには、1日後、1週間後、1ヶ月後が効果的です。

記憶の保持率が極端に低下するタイミングに復習をすると
効率が良いと考えてよいでしょう。

「科目別 実力完成コース」
先着順受付中

※指導枠には限りがあります。お急ぎの方はお電話でお問い合わせください。

0120-81-3759

10:00〜22:00(月〜土)

お問い合わせフォーム

受験生要チェック! 過去問対策のポイント

9月から受験生の勉強は『過去問対策』中心

  • 【1】 過去問対策はなぜ必要なのか


    • 出題傾向
      を知る

    • 時間配分
      を知る

    • 問題配点
      を知る

    第一志望校および併願校が決まったら、学校ごとに入試問題にチャレンジしましょう。(問題のつまみ食いは厳禁!)

    ただやみくもに問題を解くのではなく、①~③を意識して必ずチェックすることがカギです(受験生は必須)。

    どこの学校も必ず問題傾向があります。「頻出単元」や「出題方式」ごとに対策をすることで得点力はアップします。

  • 【2】 「現状の実力」と「志望校の合格最低点」との差を把握する

    受験生はココをCHECK
    • 1

      合格最低点が何点の入試問題なのかを意識する。

    • 2

      科目間の得手不得手の差が大きい場合、不得意分野の失点を防ぎ、トータルで1点でも多く点数を取れるようにする。

    • 3

      試験によって出来不出来の差が大きい場合は、「どの科目」の「どの分野」、「どのような問題」で点数を落としているのかを見極める。

    • 4

      完答ではなくても部分点が確実に取れるようにする。

      問題を見て自力で解答できるかを見極めるためにも、日頃から問題演習の「量」をこなし精度を高める。

  • 【3】 偏差値や倍率よりも、合格最低点を意識した過去問演習をする

    模試などで公表されている偏差値や倍率は、昨年度の実績を勘案して作った指標であり、「この数値でなければ不合格になる」という絶対値ではありません。

    受験生がまず意識すべき数値は「合格最低点」です。

    現状この点まで何点足りないのか、その差を埋めるには、どのような対策をすれば良いのかが重要なポイントです。

    「いつから」「どのレベルから」「どのような勉強が必要なのか」を、
    一人ひとりの生徒にあわせて対応します。詳しい内容はお問合せください。

「科目別 実力完成コース」
先着順受付中

※指導枠には限りがあります。お急ぎの方はお電話でお問い合わせください。

0120-81-3759

10:00〜22:00(月〜土)

お問い合わせフォーム

個別指導なら
どこも同じでしょうか?

  • 志望校合格から逆算した、個人別カリキュラムで導きます。

    本当に入りたい“夢の志望校”への合格は、カリキュラムなしの思いつき指導では実現できません。

    名門会では、お子様の現時点での力を正確に把握し、入試までの限られた時間で、合格ラインとの学力の差を埋めるための「個人別カリキュラム」を作成。

    “いつまでに、何を、どこまでやればよいのか”を示し更新を重ねながら、最短ルートで合格へと導きます。

  • 教務担任が責任を持って、合格までマネジメントします。

    各科目の具体的な指導を行うのは講師ですが、カリキュラムの進捗や成績管理、科目のバランス調整、進路・学習面談、メンタルケアまでを包括的・俯瞰的に行うのが教務担任です。

    志望校合格に向け、総合的なマネジメントを行いながら、チームリーダーとして生徒・ご家庭・講師陣を牽引します。

  • 難関校への実績豊富な講師が、完全1対1で指導します。

    豊富な指導経験や合格実績はもちろんのこと、個々の学力を最大限引き上げられる“指導力”、入試傾向を熟知し意図を見極める“分析力”、さらに生徒と信頼関係を築ける“人間性”を兼ね備えた受験指導のプロフェッショナルがTOMEIKAIの講師陣です。

    基礎理解・定着のための“知識のインプット”から、入試実戦力養成のための“演習によるアウトプット”まで、1対1で、お子様のためだけの指導を行います。

「科目別 実力完成コース」
先着順受付中

※指導枠には限りがあります。お急ぎの方はお電話でお問い合わせください。

0120-81-3759

10:00〜22:00(月〜土)

お問い合わせフォーム

ページトップ

お問い合わせ

TOMEIKAIのサイトをご覧のみなさまへ

TOMEIKAIは、首都圏個別指導のトップブランド「TOMAS」と、難関校への実績豊富なプロ教師集団「名門会」が運営する完全1対1の進学個別指導塾です。医学部医学科をはじめ、東大・京大・早慶大、開成中・桜蔭中・灘中など最難関校合格へ向けた個別指導ノウハウを武器に、全国各地に“本物の個別指導塾”を展開し、一人ひとりの夢の志望校合格を実現していきます。

Copyright © 2017 Meimonkai co.,ltd. All Rights Reserved.